So-net無料ブログ作成

家政婦のミタ ネタバレ [家政婦のミタ ネタバレ]

家政婦のミタ最終回ネタバレ 

21:00からの特別版では

14日放送の第10話のラスト。

阿須田家の子供たちが三田に「お母さんになって」とお願いするシーンの前には、

放送では描かれなかった、ある重要なエピソードがありました。

・三田が亡き夫と息子の墓参りに…

・三田に”二度と笑うな”と命じた義母の意外な言葉とは?

・子供たちが語り合う、三田との思い出

果たして、最後に三田は笑顔を見せるのか?

22時からの最終回SPとともに是非ご覧下さい!



22:00から 最終回では

阿須田家の子供たちから「お母さんになって」と言われた三田(松嶋菜々子)。

三田は「承知しました」と答え、恵一(長谷川博己)に婚姻届を差し出す。

子供たちに懇願された恵一はすぐに結婚までは考えられなかったものの、

三田に「ずっと家にいてほしい」と頼む。三田は、阿須田家の“母親”になった。

三田がお母さんになって喜ぶ阿須田家の子供たちだったが、

三田は意外な行動をとり始める。三田がこれまで家族の好みに合わせて作って

いた完璧な料理は「家計が苦しいから」という理由で質素なものになり、おかずの品数も減らされる。

食事中には、携帯電話を使って勉強する海斗(綾部守人)やおしゃべりしようとする希衣(本田望結)が、

三田に厳しくとがめられる。ひょう変した三田の態度に、子供たちは戸惑うばかり。

そんな中、恵一が胃かいようで入院。阿須田家は、しばらく三田と子供たちだけの生活になる。

一方、恵一のことを忘れたいうらら(相武紗季)は見合い相手との結婚を決意し、

結婚式の日取りまで早々に決めてしまう。そんなうららの前に、三田が現れる。

三田はうららに、自分が阿須田家の子供たちの母親になったことを勝ち誇ったように告げるのだった。

恵一がいなくなり、三田の子供たちに対する態度はエスカレート。

子供たちの行動の一つひとつをあげつらい叱責する。

さらには子供たちの周りで不運なことが次々と起こるようになり、阿須田家には不穏な空気が漂う。

困惑を深める子供たちは、三田が家を乗っ取ろうとしているのではないかと疑い始める。

そんな子供たちに三田は、凪子(大家由祐子)が納められている仏壇を捨てろと命じ、

子供たちが反発すると「母親の言うことが聞けないなら出ていきなさい」と言い放つ。

三田の真意とは、一体何なのか? 

そして、阿須田家の人々との交流をきっかけに人間らしい感情を少しずつ表すようになった三田は、

最後に笑顔を見せるのだろうか!?



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。